天下分け目の決戦 前半戦終了

はい!皆様おはようおやすみこんにちはこんばんは。世界のさばさばです。

先週から始まりました天下分け目の決戦も前半戦が終了しました。

合戦結果は上杉側の勝利で恐らくひっくり返ることはもうなさそうです。

そんな中、勝敗とかまったく気にせずお祭り気分で参加しておりましたが昨日、ようやく三好長慶との叩き愛に勝利し撃破することができ、なんと一週間で謙信を除く軍師と大名すべて撃破することができました!

謙信も時間さえあればいけそうだったけど残念…機会があればまたチャレンジジョイ!

その中でも昨日浅井長政を5体で開始し、2014年復帰後から初めて大名を5体で倒すことができました!

と、いうことで動画も撮り終えとりあえずの目標は達成。

ああ、あと三好大名のうさみみが出るというドロップ出ました^^^^^イイダローぼったくってやろうw


そして燃え尽きた症候群になりそうですが今週も楽しんでいきまっしょい!


あとは謙信の首だけだ!



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

前半戦ダイジェスト 天下分け目の決戦 2015

はい皆様、おはようおやすみこんにちはこんばんは。世界のさばさばです。

現在は天下分け目の決戦に集中している為通常の物語の更新はお休みしておりますが、今日は仕事の合間で少し時間が空いたのでスマホから前半戦のダイジェストと個人的感想を。



天下分け目の決戦楽しんでおります。


ただ、今回は主会場と副会場みたいにわけられているみたいでこれはなんだかなーという感想。


とりあえず最初の方と要請があった場合は1へ、動画ネタやss集めの時は8へ行って遊んでいます。


空気的には8へ行ってはいけないという雰囲気がありますが、個人的にはぶっちゃけ勝敗はどうでもいいので楽しみたいという感想。

あと足利の知人と組む時もあるのでその場合は1へ行けなかったり。

勢力で1には行けないとかはほんと次回からはやめてほしい。


でも楽しめてはいるのだけれど今回はなんだか合戦というよりも正直、武将が置いてあるダンジョンってだけな気がします。


とりあえずそんな中、動画やss集めの為にやれた軍師以降の武将は、軍師は今川の奴以外、大名は三好以外やることができました!


三好大名に関しては強いというよりも強敵は味方w

なにやら黄金うさみみが出るとか出ないとかで大人気武将でまさに叩き愛!!!


なかなか戦うことすらできません。まるで昔の黄泉を思い出す…


と、いうことで撮影した動画はyoutubeのさばさば動画にアップしましたのでよかったら見てやってください。


また、天下分け目の決戦終了後はMAD動画も作りたいと思っています。


そして今週土曜日の夜陣終了後、8陣西軍の門前あたりで集合撮影をしたいと思ってますのでブログや動画に名前が載ってもいいという方よかったら参加ください。

(8陣ではないと足利、伊賀、朝倉が参加できない為)

最後にブログ見てますと対話くれた方々や救援で一緒になった時に声をかけてくれた方々ありがとうございました!


意外にも結構な人がこのブログを楽しみに見ててくれたんだなぁと感動しました。


また今後ともよろしくお願いします。


それではまた!



にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【PANPIESE】連載一時休止のお知らせ。

本日より天下分け目の合戦2015が開始されます。

それにあたりこの天下分け目の合戦に集中したいと考えしばらくの間この【PANPIESE】を休止させて頂くことにしました。

もしかしたらインターバルの時間やちょっとした空き時間に更新するかもしれませんが。

更新を楽しみにしていてくださった方々、応援してくださった方々には大変申し訳ありませんがご理解とご協力をよろしくお願い致します。






にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第57話】友の帰りと友の旅立ち。

この日、俺は両替で不在マークを出しながら眠りについていた。


決して寝落ちではない。本当だ。


そして朝になりログを確認をしてみるとそこには信じられない対話のログが残っていた。




千円札『さば起きろ!リネが戻ってきた!』




俺は寝起きで寝ぼけているのかと思い目を疑いながらもう一度そのログを見てみる。


しかしそれは錯覚ではなくまぎれもない事実なのだっ!


事実を確かめる為、千円札に対話を送ってみたがすでにオフライン状態だった。


知人覧を急いで開いてみたがさすがに朝という事もありリネがいるはずもなかった。


嘘か本当か?


半信半疑に問われながらもその日は気になって一日中落ち着かなかった。


それはそう。


あのまるで初恋の人に何年かぶりに会うような心境にどこか似ていた。


やがてそんなソワソワしてる中、千円札が沸いた。


俺は千円札に問い掛けた。



俺『昨日のあの対話本当か?』



すると千円札は答えた。



千円札『そんなこと嘘つくわけがない。少しして落ちちゃったけど帰ってきてたで!』



どうやら本当らしい。


そんな会話をしていると俺の目の前に巫女が沸いた。


その巫女の頭の上の名前にはこう表示されていた…




【夜桜純】




目の錯覚なんかじゃない!


本当にリネが帰ってきたのだっ!




リネ『前ほどはできないけどリアルが少し落ち着いたから戻ってきちゃった。』




俺『おかえり!』




理由なんてどうでもよかった。


リドルは残念ながら世紀末(別ゲー)が忙しく戻ってはこれないようであったが、リネがこうして戻ってきたという事に俺達は心から喜んだ。


こうしてリネが復帰し、また昔のような日々が戻ってきた。


俺はまた昔のように皆で馬鹿やったり合戦に行ったりといろんな事ができると思っていた。





だがそんな日はそう永くは続かなかった…





なんとリネが復帰して少しすると今度は千円札が引退すると言い出したのだ。


引退をする理由はよくわからなかったが本人が決めた事なので仕方がない。



(どうせすぐ戻ってくるだろう)



心のどこかでそう思っている自分がいた。


だがそれ以降千円札が戻ってくる事は二度となかった…





時同じくして次はあさきが風雲朝倉家で名無し一味で全国統一しようというイベントに参加するらしく風雲鯖へと旅立っていった。


それ以降あさきもこの世界へ戻ってくることはなかった…





そしてそんな引退ラッシュは続くものである。


更には俺が武芸を始めるきっかけになった男、旭もリアル多忙の為これで引退する事になった。


最後に仲がよかった人達で記念撮影がしたいという事で皆であさひの屋敷で記念撮影をした。


17062361_945716175_182large.jpg
※某秘密基地ssより


数年後に一旦鍛冶屋で戻ってくることにはなるが当時はこれであの足利家エースの現段階で家老王に一番近い漢、上田旭が引退となってしまったのであった。


旭は俺にとって師匠でもあり目標であり、そしてライバルでもあった。


そんな旭の引退には計り知れない衝撃を受けた。


厳しい雑賀戦と伊賀戦の真っ只中、エース不在となってしまった我が足利家。


しかし引退していったみんなの思いを背負い、これからも残った俺達で頑張っていこう!


そう心に誓った。


こうしてこの時期、一気に3人の友がこの戦国の世を去っていった。


出会いがあれば別れもある。


当たり前の事だがこんな出会いや別れ、そしてそんな人との繋がりがあるから信onは面白い。


別れは寂しいものだが出会いや再会は嬉しいものだ。


これこそがネットの醍醐味なんだなと俺は思う。









そして足利家最大最悪の大ピンチが訪れる。


いよいよ時代は波乱の時を迎えることになるっ!



【つづく】








~おまけ~








軍神についての豆知識。




※はじめに※

・この見解は個人の見解であり実際の結果や仕様とは異なる場合と可能性があります。

・当ブログを参考にしての軍神事故・盗難・ 破損等のトラブルにつきましては一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。






ちまたでは軍神のエサには奉仕物はいらないという噂を耳にしますが、ここははっきり言っておきましょう。


エサにも奉仕物は必須でその後の成長にかなりの影響があります!


と、言っても所詮はエサなのでそんなに価値の高い物を与える必要はありません。


本気軍神に入れる奉仕物は価値10以上の物を。


その手前は価値8前後の物を。


そのエサのエサは価値5くらいで大丈夫です。


すごい人は、エサ3個の、そのエサ9個の、そのエサ27個の、そのエサ81個の、そのエサ243個、から作っている人もいるみたいですがやりこみ究極を目指すのであればそれも必要であるのかもしれませんが自分はメインキャラで27軍神までしかしません。


後衛にあたっては9軍神までしかやってません。


しかし仮にその243個の軍神をエサにしたとしても奉仕物がなければきっとそこまで強くはならないと思います。


逆に少ない配合でもきちんと奉仕物を与えて成長させていくと強くなります。


自分が一番最初の本気軍神を作成した時はエサに奉仕物は必要ないという情報から奉仕物は本体のみにしておりましたが、その後作成した軍神にはエサから奉仕物を与えたところ同じような配合でもあきらかに能力の差が出ていました。


本当かどうかはわかりませんが自分は奉仕物は成長に直結すると思っています。


しかしこれはあくまでも個人的見解ですので信じる信じないは各自の判断でお願い致します。


↓ちなみにこれは自分の以前の本気軍神とエサ9軍神をぶち込んだ作成例です。
(もちろんエサにもすべて奉仕物を与えています。)


u7fVoWkctbf97gN1439803648_1439803677.jpg


cwH_c9EVAlE6gjp1439800675_1439800688.jpg




メイン軍神の時を喰らう神の軍神と神具は以前の東西合戦での景品で奉仕物やエサ軍神や源はほぼ自給自足で足りない分の源を購入した程度でエサもあまり使っていないのでそこまでお金はかかっておりません。


もっとすごい人はたくさんいますが27軍神+α配合でここまでいけば十分じゃないでしょうか。


と、いうことでエサにも奉仕物は大事ダヨ。タブンネ。




↓ちょっとは参考になっていたら愛のポチッを!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第56話】昇進試験・忍者編

一方その頃、武芸アカで作成した忍者も昇進試験を迎えていた。


まずは各地にいると言われる抜け忍という輩を倒しまげをゲットするのだ。


早速2アカで仙論を出し抜け忍のいる場所へと向かった。


そして抜け忍を見つけ戦闘開始した。


しかしこの抜け忍、いざ戦ってみるとなかなかの強者であり低レベルの俺にはかなりの強敵であった。


呪縛をしながら近接攻撃を封じてみても強烈な【もっこ】が飛んでくる!


陰陽師に投げてこればいいのだがやはり生命の低い低レベルの忍者がヘイトをとってしまいもっこがバシバシと飛んでくる。


さすがに忍者というだけあってよく避けるのだがたまに一発食らってしまうと瀕死。


それでもなんとか倒すことができた。


だが肝心なまげが出ない!


気を取り直してもう一度戦う。


しかしまたまげが出ない!


時には殺されたりしながらも何回も何回も抜け忍と戦い数時間後やっと必要なまげが揃った。


昇進試験のまげくらいケチケチせずにもっと出せよ!と心から思った。


その後納入を繰り返し次の試験が発生した。


その試験内容はPCのまげ集め。


しかしこのまげ集めは侍の試験のように合戦で取れるまげを集めるというものではなかった。


それは抜け道を通るPCを襲撃し勝利すると取れるというまげが必要なのだ。


しかもそのまげは相手の身分が高くなければ出ないのだ。


まだこの時代は早馬はなかったが強行で関所を突破するこのご時世に誰が好んで抜け道なんて通るのだろうか?


本当にガチで抜け道でじっと誰かが通るのを待ち、奇襲をかけてまげを集めた人はいるのだろうか?


疑問である。


俺にはそんなことできる勇気も時間もなく、この昇進試験はまさに敵国にキャラを持つ知人に頼んでやるしかなかった。


そして俺は知人の協力でなんとか昇進に必要なまげを揃えることができたのであった。


そして次の試験はあの中老試験である。


9太郎に続きヌンジャも中老試験を迎えることになった。


この頃になると我が足利家は敵対国の雑賀衆に加え伊賀忍も敵対となってしまっていた。


その為合戦が3週間に2週間と頻繁に起こっていた。


そしてそんな中、伊賀忍との合戦で中老試験をすることになった。


目標は敵左先の杉谷善住坊という武将。


伊賀忍は名前のごとく忍者武将だらけ。


忍者武将は先とかならば事故も少ないと安心していた。


そしてまた例によって知人に協力してもらい中老試験で開幕から左先の杉谷善住坊に向かって走り出した。


しかしこの鈴鹿峠という伊賀戦のマップは今まで戦ってきた地形に比べて山道や凸凹道が多く視野も悪くNの配置もいやらしい。


a5eddf6c.jpg


そんな状況であった為、徒党の巫女が割れてしまい6人で取り付いた。


6人と言ってもレベル10ほどの俺のヌンジャ様も頭数に含まれているので実質5人のようなもんだ。


しかし所詮先の忍者武将。


割れてもいけるだろうと思っていた。


しかし見た目がなにやらおかしい。


ずっと忍者だと思っていたが戦闘が始まるとこの武将、なんと鉄砲を持っているのだっ!


職業を見てみるとそこには【鍛冶屋】と表示…


忌まわしきあのつるべ撃ちのトラウマが頭をよぎる…


だがせっかく取り付けたので気を取り直して戦うことにした。


だがすぐに守護抜けの鉄砲攻撃がヌンジャ様にきてしまい一発KO。


それはまるでソニックブー→サマソーの待ちガイルそっくりだ。


yjimage7D2DEL83.jpg


詠唱も割れてしまっていて回復で精一杯の為使えないヌンジャを蘇生をする余裕などなかった。


仕方がないので戦闘を離脱し今回は諦めようと思った時ボッターのぶおから悪魔の囁きが。



のぶお『転生インしちゃえよ』



頭の中で天使と悪魔が言い争う。



天使「転生インなんかで中老になってはダメ!もう一度仕切りなおしてちゃんと中老になるのよ。」


悪魔「何を言ってるんだ。お前の弱い忍者がこの先中老になれるチャンスなんてもうないぜ。転生インでさっさと中老になっちゃえよ。」




頭の中でそう葛藤したが本気キャラな訳でもないのでいいやと自分に言い聞かせその悪魔の囁きに負け転生インをして中老となった。


仕様では許されていたがそれでも当時は【転生インは悪】というイメージがあり後ろめたさが残った。


だがこれで忍者もわずか10代の若さで中老になる事ができたのであった。




【つづく】



↓本日でお盆休み終了…カナシス;;って方はポチッ!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第55話】9太郎、中老へ。

そんな時、ある人から対話がきた。



『さばさん試験でまげほしいの?』



足利時代よく一緒に徒党を組んだりした巫女の野々村鈴音通称ののむだった。


事情を説明するとどうやら昔から雑賀にもキャラがいたらしく、なんと我が9太郎にまげをわけてくれるというのだ!


しかも転生準備までしてくれていた。


もう半分諦めかけていたところに救いの船だった。


是非ともお願いをしてののむからまげをむしらせてもらうことにした。


しばらくしてののむは雑賀側で小笠原という薬師キャラを出した。


俺達は人の気配のない体育館裏みたいなところで待ち合わせた。


そしてののむは服(装備)をすべて脱ぎだしこう言った。



ののむ『どうぞ私を好きにしてください…』



俺は理性がふっとび本能のままにののむに襲いかかった。


しかし土壇場になって怖くなったのか逃げ出すののむ。
(生命を減らす為に逃亡)


しかしすぐにまた襲いかかる俺!


また逃げ出すののむ!


そんな事を数回繰り返すと観念したのかののむは動かなくなった。
(逃げを繰り返し生命がほとんどなくなったから)



俺『ゴクリ』



ののむはもう抵抗することはなかった。


次々に激しくののむに(投げ丹を)ぶち込む俺。



ののむ『あぁ…』



そんなののむは倒れては(転生で)起き上がり何度も何度も犯されていった。


そしてそんなことを数回繰り返すとようやく必要数のまげが手に入った。


満足した俺はこう言った。



俺『へっへっへ。よ(助)かったぜ。』



ののむは照れくさそうにコクリとうなずいた。


こうしてののむの協力により9太郎の試験に必要なまげが揃い目付けへ昇進することができた。


その後奉行試験まで一気に終わらせレベル10そこそこの異例の早さで中老試験が発生した。


いよいよ中老試験だ。


だがこんなレベル10の中老試験なんて野良だったら100%お断り状態だ。


しかし俺は話のわかる友人を持ちこんなレベル10の俺を連れて寄生させてもらえることになった。


目標は中先の小雀。


あのつるべ撃ちの苦い経験がある女武将だ。


当時は追尾ではなくカウントで一斉にスタートでの武将取り付きだったのでレベルの低い9太郎が同時に出発するとNにからまれてしまう確率が高くなるので9太郎のみカウント1ほど遅らせて行った。


そしてカウントがはじまり俺達は小雀に向かって走り出した。


少し後から出発したのにも関わらずやはりレベル10ということでNPCの反応が凄く9太郎の襲われログがもの凄く出ていた。




バシューン!



だが作戦は成功し見事フル取り付きであるっ!


しかしこの小雀という女、取り付けたからといって油断はできない。


あの反則技能つるべ撃ちがあるからだ。


もしもつるべがきた時はひとたまりもなく即全滅だ。


つるべ撃ちは生命を削らなければしてこない仕様なのでまずは小雀を刺激しないようにお供から倒していった。


9太郎はひたすら裏看破だけしていた。


そして戦闘は順調に進み、つるべ撃ちもくる事もなく無事撃破した。


レベル10そこそこにして中老試験突破である。






【つづく】



↓お盆休みもあと2日…すでにテンションが↓な人はポチッと!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第54話】9太郎物語

yjimage.jpg



心境はまさにそんな感じだった。



まさか薬師が攻撃をしてくるなんて夢にも思わなかった。


せっかくの獲物をとり逃がしてしまった…


だがくよくよしている場合ではない。


諦めずにもう一度獲物を探そうと俺は死に戻りをした。


こうして俺は合戦場へと戻るとそこには見慣れた忍者【吹雪信治】がいた。


ボッターのぶおの忍者である。



のぶお『なんか変なの連れてるな』



ボッターのぶおはそんな俺のレベル9の侍を見つけ興味深々に話し掛けてきた。


そんなボッターのぶおに事情を説明するとなんとまげ狩りを手伝ってくれることになった。


これでまげも集めやすくなるはずだ。



のぶお『お前レベル9だし今日から9太郎なっ!』



なぜかとても嬉しそうにボッターのぶおは俺の侍に【9太郎】という名前を勝手に命名していた。

bknint-20150621095350577-0621_17011_001_03p.jpg


こうして俺とボッターのぶおは徒党を組み獲物を探すことになった。


しばらく獲物を探していると少し奥の方でうまそうなソロを発見した。


みつからないようにゆっくりと近づき射程範囲に入ると俺達は一斉に襲いかかった!



バシューン!


デデデデデデッデ♪




俺『よし!捕まえたぞ!』



先程の獲物とは別人だがまたもや薬師である。


今度はボッターのぶおもいるのでさっさと倒してしまおうと攻撃を入力したのだがなんとこの薬師はいきなり防御をしてきた。


それはあの記憶にも新しいうざったい防御術であった。


更には再生つきで殴っても殴っても生命があまり減っていかない。


敵PCはその間に救援を呼び続々と敵の救援が押し寄せてくるっ!


俺達も負けるものかと救援を呼びかけた。








果たして9太郎の運命はいかに!?








『おまたせしました!』


『あいむひあ』


『私にもできます』







敵味方お互いに救援が続々とやってきてこの戦いは7vs7の団体戦へと発展した。


もちろんその中にはボロの衣にあいくちを装備した我が9太郎もいる。


救援に駆け付けてきてくれた人は俺の9太郎を見て呆然としていた。



(な…なぜ9レベルがいるんだ…)



誰も口には出さないがそんな無言の空気がその場に流れていた。


救援に来てくれた皆には申し訳ないとは思ったが今はそれどころではないっ!


俺の9太郎には敵PCのまげがどうしても必要なのだっ!


そして戦闘は始まり様々な技や術が飛び交う!


9太郎も負けじと覚えたてのあの必殺技を繰り出したっ!




【新参者連撃】





『コノッコノッ!』




ダメージ19!



なかなかの威力である。




『www』




そんな9太郎を見て誰かが笑っていた。


もし9太郎に一発でも攻撃がきたら死んでしまう。


それは事は敵も味方もわかりきっている事だった。


だが敵PC達はなぜか9太郎をまったく狙おうとはしなかった。


ビビっているのか?


否。


理由は単純だ。


それはもしこの9太郎を倒してしまうと戦闘から抜けて次の救援がきてしまうからだ。


ならば9太郎を生かしたままにし空気のような存在にしておこう。


そんな作戦なのだ。


まったくなめられたものだ。


が、しかしその敵の作戦は見事にはまりバタバタと味方が倒されていく。


7vs7とはいえこちら側には9太郎がいる事により実質6vs7で戦っているようなものなのだ。


やがて俺達は旗を折られ敗北した。


当然の結果だ。


だが『笑った』『おもしろかった』と皆が言ってくれた。


こうして団体戦も負けてしまい、まげがまったく手に入らないまま数時間が過ぎていった。


そんな時、ある人から対話がきた。





【つづく】








~おまけ~




昨日、長期報酬の神具引換券を4アカで600枚交換してみました。


これがなかなかおもしろく結果がコレ。


1.png 2.png  
3.jpg 4.jpg


泥雫2個や沼矛やらたくさんでた!


おみくじ軍神が90PTで交換とかもあったけどこれよりもあきらかに神具交換券にしたほうがよさそう。


長期報酬PT余ってる方にはおすすめです。



↓ポチればきっと泥雫が出るっ!…かも!?
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第53話】第3回 東西対抗大合戦へ向けての準備

2006年1月







今回は少し気が早かったが6月にあるであろうあの大イベントの準備に俺は取りかかっていた。


この準備に遅れてしまうと年に一度のあの大イベントを楽しみことができないからだ。


雑賀衆との合戦もあったが合戦のない週や合間を見つけては俺はその大イベントに向けて着々と準備を開始していた。





そう。





【第3回 東西対抗大合戦】である!






第1回目は陰陽師で参加し第2回目は薬師で参加。


今回はどうしようかと考えた末、新しく2キャラを作成した。


この年の東西合戦も去年と同じ仕様であるならば特化のない低レベル帯か中レベル帯で参加する予定にした。


そしてキャラ製作。


武芸アカに忍者の【佐馬鯖差羽】を作成した。


そして陰陽薬師アカには後にあのさばさば無双伝説を武芸と共に起し鯖徒党の盾役として数々の伝説を築き上げた武芸の相棒、侍の【佐馬鯖沙羽】を作成した。


侍は武芸がいたのだが盾侍もやってみたいと思い侍2キャラ目を作成した。


だが当時は東西合戦だけの為に作成したキャラのつもりだったので後に複アカでのメインキャラになるだなんて夢にも思っていなかった。


そしてキャラ製作が終了し来る東西対抗大合戦へ向けてまたこの戦国の世に2人の戦士が降り立った。


この頃はまだ里や安土なんてものはない。


いつも通り左京茶屋前で誕生した。


見慣れた風景。


見慣れた景色。


まさしくここ左京が我が故郷であった。


そしてすぐに外へ出てネズミで修得をした。


今回は東西合戦に向けて俺には一つ野望があった。


それは低レベルで中老になって低レベル帯の合戦場で目立ってやろうという野望だ。


その為には数々の昇進試験をしなければならない。


納入などをして勲功を稼ぎ次々に昇進試験をしていった。


そんな中、侍の目付試験が発生した。


この試験の内容は合戦場で敵国のまげを集めてくるというものだった。
(補足:現在ではこの目付試験はまげ集めではなく一定数の合戦手柄を上げて来いに変更されている。)


目付試験に合格するには合戦場で敵PCのまげをたくさん集めなければならない。


当時まだ9レベルで発生したこの試験をクリアするには並大抵の努力では達成は不可能だ。


だがそんな事でひるんではいけないっ!


低レベル帯に中老で出場するという野望の為にはここは避けては通れない道なのだっ!


合戦場へ入場するには条件があった。


その条件とはレベル20以上、もしくは身分が与力以上。


そんな俺はレベルはまだ9レベルではあったが身分はすでに与力以上だったので合戦場に入る事ができた。


早速俺は目付試験に必要な敵PCのまげを狩りにいくことにした。


だがレベルはまだ9レベル。


このまま敵PCに戦いを挑んでも勝機はない。


そこで俺は2アカで武芸を出しソロを狙う作戦に出た。


獲物を狙う獣のように息を潜めソロを探す俺。


その姿はまるでサバンナでの生存競争、弱肉強食の世界。


そう!これはまさにサバンナチャンスなのだっ!


E382B5E38390E38381E383A3E383B3.jpg



息を潜めじっと待っているとそこにおいしそうな敵PCのソロ薬師が通りかかった。





俺『イヤッハー!ここは通さねえぜぇ!』



2014121821014208f.png




薬師は突然の俺の奇襲に驚きその場から逃げ出そうとしたがもはや手遅れだっ!



バシューン!



ソロの薬師を確保した!



デデデデデデッデ♪



対人戦の音楽が流れ戦闘、否!狩りの始まりであるっ!


大事な獲物。


まずは逃げ出さないようにと武芸で剣風斬をし、『貴様はもう逃げられないんだぞ!』というアピールした。


しかしこの敵PCの薬師は意外な行動に出てきた。


なんと逃げるどころか歯向かって来る様子なのだっ!


最後の悪あがきだろうと油断をしていると…




薬師『ハアアアア!』




シャシャシャ!



なんとこの薬師は9レベルの俺の侍に向かって丹を投げつけ攻撃してきたのだっ!


その一発の投げ丹で瀕死となってしまった。


これはまずいと急いで五連撃・改をしてみるも時すでに遅し。


更にもう一度丹を投げつけられ死亡。


その後薬師は武芸で倒したが肝心の目付試験に必要なまげを取る事はできなかった…




【つづく】








~おまけ~






盆踊りがあまりにも面白かったのでラッスンゴレライの音源を合わせてみました。


音源と動きが合ってないですが製作時間10分ちょいの適当動画なのでそこは勘弁してください。




↓3.8秒ポチっとな!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【PANPIECE外伝②】上覧武術大会 天照之演 2015 夏

この日、この戦国の世では装備持込みの上覧武術大会、天照之演が行われた。


基本的に配布装備や個人上覧大会は最近では出場しないが装備持込みのこの大会だけは出るようにしている。


メンバーがなかなか集まらず大変だったが知人内でなんとか集まり出場の予約をした。


チーム名はこのブログの名の通りPANPIECE


構成は、芸(俺)、軍(強欲)、鎧(北斗)、陰(ヒョウゴくん)、古(りんこ)、医(海豹)の6名と俺の密、医、士を補欠で登録した。


目標はトータルで勝率5割!


そしていよいよ上覧大会当日がやってきた。


Nol15080505.jpg
※開始前の記念撮影





1日目



徒花さん × 神を間違え撃沈。

おかんが一番偉いさん × 序盤は押していたが黒縄ミスと連携とれず敗北。

眠気との戦いさん ○ だんだんと連携がとれてきて今回初勝利。

巻物さん ○ 圧倒的火力にものを言わせて勝利。


2勝2敗。トータル2勝2敗



2日目



ギャンブラー一族さん ○ 大音響を神気撃で潰し圧勝。美緒さんが応援に駆けつけてくれた。

流星の絆さん × 密教を旗にしていたら一点突破+遠距離で速攻撃沈負け。

天下無双(仮)さん × 以下同文

眠気との戦いさん × 以下同文

鎧に鉄砲ダメ絶対さん × 以下同文…スランプ!そろそろ学習しろと…

初めての夜さん ○ あのうろうろ日記の桜さんや団長率いるダンチョーズとの戦い!なんとか火力で押し切り勝利。


2勝4敗。トータル4勝6敗



3日目



与板衆さん ○ 僧2のチームで黒縄が光り勝利。

天下無双(仮)さん × 激戦の末敗北。いい勝負だった。

桜花七絆隊さん ○ 大音響に苦戦したが勝利。

3分クッキングさん ○ 武芸5の超火力チーム。守護で攻撃をばらつかせて長期戦に持ち込み勝利。その昔武芸7で出場したぷけらの野望を思い出す。こんな徒党は個人的におもしろくて大好きだ。

桜花七絆隊さん × 先程のリベンジをされ敗北。


3勝2敗。トータル7勝8敗



4日目



チェリーボーイさん × 惨敗。

祇園さん ○ 超絶激戦な戦い。俺達のこの上覧大会の中で恐らく一番盛り上がりそして激しかった戦い。終盤武芸の3玉構えから鬼神突・弐で火力押し勝利。

劇場版丹ライズ!さん ○ 能楽+古神という斬新なチーム。勝利。

アクメ自転車さん × 安藤忠徒党。あの合戦でのライバル武士道もいて攻撃が避けられまくり敗北。

八重桜・楓さん × このあたりから上位陣との対決ラッシュ。大音響も上位なだけあって連携が上手。敗北。

六花の勇者さん × 以下同文

名前はまだ無いさん ○ あのはしる、うさぎブログの美緒さんのところと初勝負!武芸は燃やされてチリとなったがその後床ペロ状態で相手チームの旗を折り試合は勝利。しかし勝負には負けた感が・・・orz


3勝4敗。トータル10勝12敗



5日目



☆333☆さん ○ このあたりから大音響対策にも慣れてきて音響徒党にもぼちぼち勝てるように。

ギャンブラー一族さん ○ 待機していた雅楽を神気撃で潰し勝利。

琵琶子αさん × 音響連携負け。

顔文字さん × すごくいい勝負だったが黒縄ミスが致命傷となり敗北。ここ数戦で久々に大音響のないチームでもう一回戦ってみたかったと思う尊敬するチーム。

こばこのとりこさん × 彩とりどり☆煌ブログのましろんのところ。神2徒党でしっかりと役割分担がされていたチーム。完敗。


3勝3敗。トータル13勝15敗



6日目



乙女なマダオさん × 一点突破+遠距離で即落とされ敗北。

ダオミオの能力さん ○ 以前試合を応援にきてくれた門倉さんのところのチーム。盾1徒党で自分達が当たった中で初めて軍学がいなかったチーム。

徒花さん ○ 大会初戦の敗北のリベンジに成功。

八重桜・楓さん × ウエイトの軽い鉄砲の流派と大音響で何もさせてもらえず速攻おとされてしまい敗北。鉄砲さんが火力がすごかったイメージ。

☆333☆さん ○ 大音響を神気撃で潰して勝利。


3勝2敗。トータル16勝17敗



7日目 最終日



乱華さん ○ 小細工なしの火力のぶつかり合いで勝利。

低音やめちくり~さん ○ いつも合戦でいじめられているカンタスさんのチーム。7アカで上覧とかすごすぎる…警護が無い為後衛から落とし勝利。

キンサンコマサンハサンシマシタさん × 1位のチーム。ウエイトの軽い鉄砲の流派と守護を抜ける忍法の流派と大音響でなにもさせてもらえず回復をいきなり落とされ敗北。上位になると入力も早くて流派もえげつない。

低音やめちくり~さん ○ 徒党の相性の差で勝利。最後は古神対決でした。


3勝1敗。


最終トータル19勝18敗で13位!


Nol15081210.jpg

Nol15081212.jpg


ずっと負け越していたけれど最後の最後で目標の勝率5割強を達成!!



そして応援にきてくれた方々ありがとうございました!!!

Nol15080602.jpg

Nol15080603.jpg

Nol15080605.jpg





今回の上覧を出場してみて個人的に感じたこと。




①自分達を含む90%以上の徒党に軍学がいる。
今の上覧大会は軍学がいないと話にならないくらいの必須職となっている。


②音響徒党がすごく多く、特に上位陣になるとウエイトの軽い流派と大音響が激しい。
また変なのが沸くと嫌なのでコメントを控えますwちなみに自分も雅楽を持ってるし大音響も使用します。


③開幕の入力の差で有利不利がかなり出てしまう。
これもスキルといえばスキルだけどまるで速さを競うアクションゲームをやっているかのよう。何か違う気がする。


④術忍と僧兵が絶滅危惧種。
一回だけ術忍さん見たけどそれっきり。僧兵さんは自分は今大会一度も見ていない。


⑤顔文字さんチームがかっこいい
見てて飽きないあの戦い方のかっこよさは不具合レベルだっ!惚れ惚れする。





そろそろ対人戦だけでもバランスをもう少しとってほしいと切に願う。







そしてそんな上覧武術大会 天照之演 2015 夏 もこうして幕を閉じた…


長かったようで早かった一週間。


なんだか夏の終わりのようで、そう。あの24時間テレビが終わった時のような少し切ない気持ちになる。


Nol15081100+1.jpg



最後はこの上覧大会を参加、見学された方々みんなで記念撮影。



Nol15081208.jpg


カカカカカァーーーーーーーット!!!!



あんちゅー邪魔wwwww










さて…気を取り直してもう1枚…
















Nol15081207.jpg







ちょwwwおまwwww









Nol15081203.jpg



ということで参加された方々、見学された方々、みんなみんなお疲れ様でした!


とても楽しい上覧武術大会 天照之演 2015 夏 でした。





【PANPIECE外伝② 完】



↓夏の終わりになんだかせつな気持ちの方はポチッ
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第52話】黄金戦士GAROと白馬騎士ZERO

俺はそんな優遇された雑賀衆という国がどんどんと嫌いになっていった。


しかし雑賀衆という国は嫌いでもそこに属している人が嫌いという訳ではない。


当時は特に雑賀衆に知人はいなかったが合戦場を離れれば普通に野良で勧誘し狩りやボスにも行っていたものだ。


合戦は相変わらず足利家が少し劣勢の状況が続いていた。


雑賀衆は防衛がすごく、そこら中で防衛をするソロがいた。


その為なかなか思うように取り付く事もできずストレスがたまるばかり。


その日も武将に取り付こうとするが何度も防衛ソロに止められ散々であった。


ストレスが限界まで達した俺は武将徒党を解散しソロ退治をすべくあの伝説の絶ハメの鯖を再開した。




俺『ハアアアアアアア!』


【禁呪・絶】


チキチキチキチキ!


ソロ『ウッ!』


俺『コノッコノッコノッ!』


敵救援『おまたせしました!』


俺『ハアアアア!』


【五雷法】


ソロ『ま…まさか…』


【旗頭が折れました!後は退却するしかありません!】






浅井戦では絶ハメをたくさんやりその恐ろしさは嫌というほどわかっているせいか救援を呼ぶソロはほとんどいなかったが雑賀衆はまだ絶ハメの恐ろしさを知らないのですぐに救援を呼ぶソロばかりであった。


救援が辿り着いた頃には旗折れである。


雑賀衆には絶ハメはものすごく有効だった。




そんなストレスがたまったら絶ハメを繰り返しストレス発散をしていると2アカなのかわからないが2人徒党を組んだ黄金の鎧をまとったGAROのような侍と白馬に乗ったZEROのような忍者がソロ狩りをしている俺に2対2の戦いを挑んできたのだ。



620x390x2fd80d5e72f62d64f2cf8b7025dd57c9_jpg_pagespeed_ic_3lXu564xKC.jpg



この二人こそが後にこの戦国の世を共に戦い天邪鬼一門のクルーである林田崇通称はやしだたかし時々リンダ美狼白龍通称であった。




こうして2vs2の戦いが始まった!




俺『ハアアアアアア!』



チキチキチキチキ!



絶!



黄金戦士『ウッ』





まずは先制攻撃で黄金戦士に俺の必殺禁呪・絶をお見舞いし行動不能にする。


そしてすぐに五連撃・改。


と思いきや当時術忍だった白馬騎士がここで割り込み技を繰り出してきた。





白馬騎士『金縛りの術!』




チキチキチキチキ!




俺武芸『ウッ』





(こ…こいつら…なかなかできる!?)





白馬騎士の金縛りの術により俺の武芸も痺れてしまい戦いはふりだしに戻る。


しかし絶の方が金縛りの術よりもウエイトが早いので先制攻撃ができた為戦いは俺の有利に動きだしていた。





2ターン目。





白馬騎士の行動を止める為、禁呪・絶!



白馬騎士は行動不能になった。



そしてまずは危険なアタッカーから倒してしまおうと俺は黄金戦士に攻撃することにした。




俺『コノッコノッコノッ!』




俺の五連撃・改が炸裂する!


痺れていないのに五回すべてヒットした!


さすがは必中の鯖だ。




(ふっ。勝負あったな。)





そう思った。





だが次の瞬間、五連撃・改が完全に入ったのに黄金戦士の残り生命を見て俺は愕然とした。


yjimageSQE9BJ6Y.jpg


なんと半分弱ほどしか生命が減ってないのである。


今までの経験上、並の武芸ならば俺の五連撃・改を食らえばほぼ瀕死だった。


そしてその瀕死に五雷法をぶちかまし息の根を止めるというのが定番であった。


だがこの黄金戦士は俺の五連撃・改をまともに食らったというのにまだピンピンとしているのだ。


これではこの後に五雷法で追い討ちをかけてもまだ残ってしまう。


その姿はまるであのクジンシー。


5391527_150.jpg



そんな事を考えていると黄金戦士が俺の武芸に向かって攻撃をしてきた。




黄金戦士『オラー!オラー!』




【四連撃・改】




(なんだ…四連撃か…)



そう油断したがその四連撃・改を食らうと今までに受けたことのないほどのダメージを食らってしまったのだっ!


この黄金戦士、生命力も半端ないが四連撃・改とはいえ火力も相当なものだった。


旭とはまたどこか違う強さを感じた瞬間でもあった。


こうして逆に俺が瀕死となりピンチとなってしまった。


あせった俺は黄金戦士に【禁呪・縛】をし、殴ってこれないようにした。


白馬騎士はサポート専念か交互に金縛りで俺の動きを封じてくる。


まったく生意気な奴だ。


こうして激しい戦いは進んでいき、また俺は五連撃・改をぶちかまし黄金戦士の生命をあとミリという所まで追い込んだ。


しかしその直後黄金戦士の手裏剣が武芸にヒットし武芸が力尽きてしまう。


だが陰陽師が五雷法でその直後に黄金戦士も死亡した。


黄金騎士が旗であった為、戦いには勝利はしたもののこの勝負痛み分けだ。


こうしてこの激しい2vs2の戦いは終わった。


やがてそんな激しい戦いも終わり死に戻りをしているとひとつの対話がきた。





美狼白龍『こんにちは。先程対戦していた忍者です。』






!?





突然の敵国のPCからの対話で驚いた。





文句でも言いにきたのだろうか?





そんなことを考えながらも、





俺『こんにちは。』





一応あいさつされたので俺もあいさつを返してみた。






すると意外な言葉が返ってきた。






白『さっきは対戦どうもでした。楽しかったです。また相手してくださいね!』






俺『こちらこそ楽しかったです。また見かけたらよろしくです。』





敵国ではあるのに今まで味わった事のないなんとも言えない不思議な感覚だった。





そしてこれをきっかけに敵国ではあるものの仲がよくなり白とリンダと合戦中であろうとよく冗談や雑談を話したりしながら度々会話をするようになっていった。 もちろんお互いに合戦の状況などは話さない。







拳を交じり合い戦いあってこそ生まれる友情もあるものだなと実感した瞬間であった。






【つづく】







~上覧大会2015 6日目途中結果~





6日目


Nol15081100.jpg


3勝2敗でトータル16勝17敗。

目標はトータル勝率5割だけど想像していたより順位が結構上だなぁと。

負け越してるのでもう少し下かと思ってたけど試合数が多いからだねきっと。

そして昨日は以前応援にきてくださった門倉さんのところとも対決できて充実した一日でした。





あと昨日ここに対人戦で大音響を廃止もしくは弱体してほしいという感想を書いたら猛烈に批判されて書き込みしている人がいましたが批判されるのは結構ですがこの掲示板に書き込みする注意事項とルールは守ってください。

お願いと注意事項にも書いてありますが、



・コメントを残す場合は匿名でのコメントはご遠慮願います。
(誰かわかるようなハンドルネームならok)




ちょっとした書き込みや冗談ならばまだいいですがあそこまで必死に批判するならば堂々とキャラ名、もしくは誰かわかる名前を名乗ってください。

適当な名前を書いておけばいいとは言っておりません。

その名前が本当に本キャラの名前だというならばゲーム内でそのキャラで対話してきてください。

もしそれができたら匿名だと決め付けた件は心より謝罪します。

そしてあることないこと勝手な妄想で捏造しないでください。

この人はあまりにもしつこいので閲覧制限させて頂きました。

閲覧制限したのでこの人はそのIPアドレスからではもうここ見れないんですけどね。

批判はされるのは結構ですが匿名での批判は荒らしとみなし、今回は閲覧制限だけにしておきましたが度が過ぎた場合は閲覧制限に加えIPアドレスや発信先などの情報を晒します。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。




↓ちょっと湿っぽくなりましたが上覧大会後1日!がんばりましょう!
そして今日上覧大会終了後10番で撮影会があるらしいです。みんなレツゴー!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
カウンター
PANPIECE 予告編動画
【小谷城合戦 MAD】


【帰参者編主題歌ウィーキャン】

プロフィール

さば×3

Author:さば×3

信長の野望online天翔記出身、現雑賀衆さば×3のてきとー小説ブログです。
遊びにマジメ、仕事はてきとーです!

2015年6月24日より連載開始。

初見の方はカテゴリより【第0話】から読まれる事をおすすめします。

~お願いと注意事項~

・コメントを残す場合は匿名でのコメントは禁止とさせていただきます。匿名でのコメントの場合、状況によりアクセス禁止措置やIPアドレスを公表する可能性があります。
(誰かわかるようなハンドルネームならok。誰かわからない匿名のハンドルネームはNG。ただし管理人が了承するコメントの場合は匿名でもokとします。)

・あまり深く考えず、ネタとしてご覧ください。

・更新は不定期で行いますのでご了承ください。

・拍手からのコメントは不具合により反映されませんのでコメントをする場合は通常コメント覧よりお願いします。

・本作品は基本的にノンフィクションではありますがフィクションもまじっております。

・登場する人物は一部仮名で表現しております。

・本編中にリンクする自作動画はすべて趣味の範囲で作成しており、広告収入なのは一切頂いておりませんのでどうぞ暖かく見守ってやってください。

・当ブログは荒らし等が発生した場合、急遽閉鎖する場合があります。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
著作権に関わる表記
・「『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」または、「(C)2003-2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.」
・「このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR