PANPIECE 一時休載のお知らせ

はい皆さんおはようおやすみこんにちはこんばんは。


毎回ブログを読んで頂きありがとうございます。


たくさんのコメントやゲーム内でもたくさんの対話や応援メッセージも頂き大変嬉しく思います。


本題ですが、11月頭、ようするに明日から3週間出張になってしまった為、ブログの物語の方の更新は3週間ほどお休みさせて頂きます。


ゲームの方も一応ノートPCだけは持っていく予定ですがネット環境がどうとかまだまったくわからない状況なのでもしかしたらしばらくインできないかもしれません。


もしできても1アカだしね。


とりあえず13日の夜に一回帰ってきて14日のみまともにプレイできそうではあります。そして15日からまた(ry


織田さんでの合戦の方は最初アウェイ感が心配でしたが速攻で溶け込むことができて劣勢ではありますがとっても楽しく合戦に参加させてもらってます。


今現在の陣、みんなで一致団結してなんと大勝をもぎとりました!


しかもゆきとねこちー徒党が斎藤道山も落としてるという盛り上がり!


自分も後陣7体を4アカでついて救援インで落としたりできて少しはこの勝利に貢献できたんじゃないかなと。


bandicam 2015-10-31 15-25-28-257



合計戦果ではまだ劣勢だけどね。


とりあえず3週間はまともに参戦できないと思いますが出張明けからまたがんばります!


そして休載明けは奥さん方お待ちかねの【信on恋愛物語 第2弾】をお送りしようと思いますのでどうぞお楽しみに!ハズカシイケドw





てことでまさにこの心境のこの曲でお別れしたいと思います。





20日3週間の過酷な一人旅~♪



ではまたお会いしましょう!




↓餞別にポチを!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【第101話】決着の刻 ~ぷけらの野望よ永遠に~

4be3a7c0.png


まるで某格ゲーの闘劇のような3on3になったこの熱き戦いもいよいよ終盤戦へと突入した。


そんな中、相手チームのニンジャーズはガス欠を起こしていた。


一方俺達は耐えのターンに鼓舞をしていた為なんとか気合い維持をする事ができていた。


俺達にとってまさに大チャンス到来だ!



(このまま押し切れる!)



誰もがそう思った。


相手チームは気合いがないので必死に薬を飲みながら気合い回復を計る。


だがそんなチャンスを俺達が見逃すはずもなく一斉攻撃をかける!




俺『いくぜーっ!』


忍者7『おーまいがー』





この忍者も旗ではなかった。


だがまた一体撃破し3vs2となり、形勢は俺達が有利に戦いは進んでいた。



(これは勝ったな。)



そんな少しした気の緩みからか俺達は油断をしてしまった!




忍者2『ふははははは』


忍者3『あははははは』





なんと少しばかり気合いが回復した残りの忍者達は最後の力を振り絞り【隠れ身】をしてきたのだっ!


これにより俺達の行動はキャンセルされやがて訪れるあの時を待つ…




忍者2『ハッ!』



ビシュン!


【不意打ち】





俺『うっ!』




なんとその不意打ちは俺に向けて放たれたのであった!


なんと俺は…


俺は旗だったのだっ!!


続けて襲いかってくる容赦ない不意打ち!




ビシュン!



忍者3『はっ!』




当時は耐久10振りだったのでなんとか耐える事ができたのだがこれで一気に生命と気合いが削られてしまった。


必死に治身を飲み耐える俺!


こちら側も相手も気合いがなくもはや限界バトルだっ!


忍者達は最後の力を振り絞り素殴りで俺に襲いかかる!


俺の生命は残りミリとなってしまった。


しかし俺にはとっておきの秘策があった!






俺『ここだっ!』





ピキーン




【金剛不懐】






忍者達『ゲェ…!!』(←キン肉マン風)



201406242137278b3.png




『うおお!』




会場からどよめきが走るっ!


説明しよう。


【金剛不懐】とは侍の共通技能で一定時間無敵になるが行動ができないという技能である。主に合戦ゲリラなどで起点でついた際使用することがある。





俺は旗であった為、もしもの時を想定してこの【金剛不懐】を実装していたのだ。


治身で耐えながらなんとか使用気合いをため、この土壇場で金剛不壊が炸裂したのであった。


その真裏でニンジャーズの必死な丹投げ攻撃。



140922kn105_04.jpg



もう1ターン遅ければこの丹投げ攻撃で力尽きていたことだろう。


だがこの【金剛不懐】の前では丹攻撃など無力。




愕然としている忍者に対し容赦なく父さんが襲いかかるっ!


そして決着の刻は訪れた。





父さん『うおお!』



ガッガッガッ




忍者2『これまでかっ!』





【旗頭を折りました】





entry_img_373.jpg





『うおおお!すげー!』


『キャー!抱いてー!』


『おもしろすぎるw』





会場から惜しみない声援が送られ、熱気に包まれていた。


こうして俺達【ぷけらの野望】は忍者徒党に見事勝利を納めたのであった。


そんな熱い戦いが話題となり、俺達の戦いにはたくさんの観客が訪れるようになり人気投票数がどんどんと増えていった。


その後も勝ったり負けたりを繰り返し上覧大会はこうして幕を閉じた。


結果は負けこしでランク外ではあったものの、人気徒党ランキングでは全サーバで1位を取るという快挙を成し遂げたのであった。


俺達の熱い戦いは終わった。


だがまたいつか…


俺達はまたこの場所へ帰ってくる事を誓い合い、これからもそれぞれの道を歩んでいく!




【つづく】





なんとか出張前までに上覧編を終えることができました!
↓よかったらポチってね!

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第100話】武芸7 vs 忍者7

ボンボンボンボンボン♪


バシューン!






100人を超える観客が見守る中、この武芸7vs忍者7の歴史的戦いの幕がきって落とされた。


どれも忍者なのでタゲはもう一番下から合わせていこうという事になった。


急いで八箇必勝を入力する俺達。


車&懐剣でのウエイトの為、まずは先手をとることに成功。




『いくぜーっ!』


『うおおおお!』


『たああああ!』





我らぷけらの野望八箇必勝が容赦なく忍者の群に襲いかかるっ!



忍者1『おーまいがー』



開幕からまずは一匹退治!


いい感じだ。


その後は一番下の7を落とした事によりタゲがバラついた。


7vs6になりやや優勢だ!


だがそれと同時にやってくる忍者達のターン!





忍者2『ふははははは』


忍者3『あははははは』


忍者4『ふふふふふふ』


忍者5(ry


北斗『飛びます飛びます(ry』





なんと全員隠れ身だっ!


全員隠れた事によりもちろん俺達の行動はここでキャンセルされてしまう。





忍者1『ハッ』


バシュ!


忍者2『ていっ!』


バシュ!


忍者3『はッ!』


バシュ!



林田崇『うわああああ』


『たっ、たかしっ!』



北斗『飛びます飛びます!いつもより高く飛んでおります!林田崇です!』






俺達の叫び声もむなしくここで林田崇が倒れてしまう!


だが旗ではなかったので試合続行だ。


6vs6となった。


俺達は隠れから起きてきた忍者目掛けて八箇必勝を繰り出す!


集中攻撃によりまた一体撃破!


すると相手忍者の一人が


【紫なんたら】


忍者の一人は暗殺だった。


この技は武芸でいういわゆる八箇必勝だ。


そしてその紫なんたらが先程不意打ちが流れ生命が減っていたビジェイシンに流れ昇天。


これで5vs5。


さらに相手忍者の一人がとんでもない技を繰り出す!



【朧】



なんと相手徒党には術忍がおり、朧の術を使ってきたのだっ!


我らぷけらの野望、絶対絶命のピンチっ!


このまま朧へ突っ込んでしまっては自滅は目に見えている。


ここは仕方なく俺達は我慢のターンと決めサポートへと回ることにした。




兵隊のりゅー『全体看破』


神武旭『鼓舞』





このターンは看破で朧を消し、鼓舞で気合い回復を測った。




忍者3『タアアア!』


兵隊のりゅー『うわぁぁ』





しかしこのサポートにより後手となり次は兵隊のりゅーが倒れてしまう!


だが兵隊のりゅーは旗ではない。




ざわざわ…


ざわざわ




戦いは続行だっ!



この時点で4vs5となってしまったが全体看破裏ですぐさま八箇必勝が炸裂しまた一体撃破し4vs4へ。


お互いに旗が当たらない戦い。


どちらが勝利していてもおかしくない白熱した戦いが続く。


その後も倒し倒されこちらは俺、神武旭、父さんの三人、相手チームの忍者も三人となり3on3状態になっていた。


この熱き戦いもいよいよ大詰めである!


それと同時にここからが運と実力の時。


正念場だ。


だがここから相手の様子がおかしくなる。


それは【ガス欠】だ!


俺達は鼓舞をしていた為気合いには困っていなかったが相手は忍者のみでガス欠を起こしていたのだ!


チャンス到来である。





だがしかし!?




おかげさまで第100話を迎えることが出来ました!今後とも応援よろしくです。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第99話】人気投票

だがしかし!?


俺達のバーに紛れ込む相手の赤いバー。


これこそが癌であった。



敵修験『ハアアアァ』



【攻撃呪霧・四】




なんと相手徒党には修験がおり、覚醒でウエイトが減った攻撃呪霧が俺達の行動をさえぎる!


またしても攻撃呪霧にやられてしまった俺達。


さらに追い討ちをかけるかのように僧が警護鍛冶屋に対して、


【極楽浄土】


開幕を乗り切られこうなってしまっては後は想像の通りだ。


その後の光景は見えたものじゃない。


完敗だ…


そして試合が終わる。


せっかくたくさんの観客達が観戦しにきてくれたというのに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。


だが…!?





巫女『キャー!武芸7かっこいいー!抱いてっ』


忍者『次も応援いくよっ!』


薬師『私ファンになっちゃった。人気投票入れるね!』


北斗『飛びます(ry』






負けたというのに観客からの意外な反応。


みんな楽しんで観てくれていたのだ!


俺達はとても嬉しい気持ちになり、観客達にお礼を言い会場を後にした。


そしてランキングが載る掲示板へ行ってみると俺達は驚くべき光景を目にする!







【人気徒党ランキング】


第一位:ぷけらの野望







なっ!?



普通の勝敗ランキングには到底入る事はできなかったのだがマニアの中で俺達【ぷけらの野望】が話題となり、なんと人気徒党ランキングで一位となっていたのだ!


この事実に俺達は喜び、そして観戦してくれた観客達に感謝した。




『勝っても負けても楽しくいこう!』




俺達は声を掛け合った。


そして次戦、想像もしなかった意外な徒党と衝突することになる!








人気投票第一位となった我らがぷけらの野望。


そんな俺達は次なる戦いを求め会場へと足を運んだ。



(次はどんな相手だろうか?)



そんな事を思いながらも中へ入り相手チームを見る俺達。


するとそこには目を疑うような光景があった。


相手チームの構成…




忍者忍者忍者忍者忍者忍者忍者




ななな!


なんと相手徒党はどう見ても忍者7です。本当にありがとうございました。状態だっ!


当時のこの戦いを録画できていなかったのが悔やまれる。





『うおおおお!』


『なんだこのドリームマッチは!』


『これは目が放せません!』


『これはあの有名なビッグ・ボンバーズの再来なのか!?』




1259196684.jpg




会場がざわめく。


ほとんどどの徒党は大抵大音響、軍楽、陰陽、鉄砲と特にとりえもない見ていておもしろみのない戦いばかりだ。


そんな飽き飽きした観客達の前に突如訪れたこの組み合わせ。


武芸vs忍者の世紀のドリームマッチが組まれたのであるっ!


実際組まれた俺達でさえこれは神のいたずらか?とさえ思った。


ただ、相手チームの特化はわからない。


果たして何の特化なのだろうか?


わくわくと興奮で声援が鳴り響く会場は熱気であふれ返っていた。


その噂が人を呼び、リピーターがリピーターを呼び、ランキング順位では掲示板にすら載らない俺達のこの会場に気がつけばいろんなサーバから100人以上の観客達がこの世紀のドリームマッチを一目見ようと観戦しにやってきていた。


会場内ではログや所作が大量に流れ、それはそれはお祭り騒ぎだった。


やがてその時は訪れる。





ボンボンボンボンボン♪


バシューン!





いよいよ歴史的世紀の大勝負、我らぷけらの野望、武芸7vs忍者7の対決が開催されたのであった!




【つづく】





週明けからの出張の準備の為明日は仕事お休みに!ヤッタネ!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第98話】リピーター

こうしてシーズン2の一回戦を見事完全勝利で納めた我らがぷけらの野望。


そんな俺達は次なる戦いに向けて士気を高めていた。


やがて二回戦のアナウンスがなり会場へと向かった。


すると俺達は驚くべき光景を目のあたりにしたのだった!


中へ入るやいなや、一回戦とは比べ物にならないほどのあふれんばかりの観客の数!


それは前回の戦いで噂が噂を呼び、リピーターとなって一目武芸7の勇姿を見ようとたくさんの観客達が押し寄せてきたのだ!


default_5c40b8920daec790d804cbcbd6ff0f75.jpg


その観客数およそ数十人。


相手徒党も何事かとびっくりしていた。





巫女『さっきの戦いを見てファンになりました!がんばって!』


忍者『武芸7とか超見てみたいわ!』


侍『漢を見れる会場はここですか?』


鍛冶屋(北斗七星)『飛びます!飛びます!いつもより多く飛んでおります!林田崇です!』






観客達から様々な声援の声が飛び交う。


もはやこうなってしまうと俺達が武芸7ということは相手チームにはバレバレであった。


だがこれだけのお客さんが俺達を応援してくれている事に喜びを感じ、もはやそんな事などどうでもよかった。


作戦タイムも過ぎていき、やがて戦いの時が訪れる!





巫女『わくわく^^』


薬師『がんばれー!』


僧『こっちが緊張する><』


鍛冶屋(北斗七星)『飛びます!飛びま(ry』





声援の声が鳴りやまない!




ボンボンボンボンボン♪

バシューン!






二回戦、戦闘開始っ!


俺達は前回同様急いで八箇必勝を入力するっ!





(警護鍛冶屋など一瞬で倒してやる!)





そう思っていた。





が、しかし…!?





【つづく】



来週から3週間出張が確定しましたorz
出張までに上覧編を終わらせたいところだけどドタバタな毎日

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第97話】懐剣八箇必勝

ボンボンボンボンボン♪


バシューン!






シーズン2開幕!


戦闘開始の瞬間だっ!


俺達はマッハで八箇必勝を入力をした。


車実装で懐剣を装備していたので八箇必勝のウエイトはもちろん1である。


開幕から相手徒党に割り込まれる事なく俺達のバーがズラリと並ぶ。


その中には長いバーも含まれている!



(よし。いい感じだ!)



まさに理想の形での開幕。


一の太刀のついた八箇必勝がラッシュするっ!


そして一度も行動させる事なく開幕から警護鍛冶屋をなぎ倒す我らぷけらの野望七英雄!


だが一の太刀が消えてしまったここからが本当の勝負だ。


押し切る事ができるか?


持ち直されてしまうか?


まさに運命をかけた2ターン目が始まる…


と、思った次の瞬間だった。











ビンビンビンビンビンビンビンビン♪


【大音響】




17062361_945716212_159large.jpg
※画像はイメージです




!?





なんと相手徒党の巫女が俺達の行動した後に大音響をしてきたのだっ!



ざわざわ…

ざわざわ…


ざわざわ


会場がざわめく。


なんという誤算だろうか。


そしてこのチャンスを生かすべくその大音響明けにまたしてもウエイト1の八箇必勝が7つ炸裂だっ!


そう。


この相手徒党の大音響によって俺達の14回攻撃が始まったのだっ!



ずっと俺達のターン!





『いくぜーっ!』


『たぁぁ!』


『オラー!』


『えんやー!』






俺達の渾身の叫び声がこだまする!




『うわぁぁ』



『これまでか』



『おーまいがー』





次々に相手徒党が倒れていく!


やがて旗に命中し、気がつけば一瞬の間に俺達の圧勝にて終わったのだ!



『うおおおお!』


『すげえええ!』




観客達からの歓喜の声が聞こえた。


相手の大音響のミスというものもあったが、この武芸7という迫力に観客達は魅了されていた。


こうして俺達はシーズン2初戦突破を成し遂げた!


そして次戦、観客達にも変化が訪れる。





【つづく】



最近いろいろと忙しすぎてバテぎみ…
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第96話】シーズン2

こうして初日は1勝5敗という無念な結果に終わった我らが【ぷけらの野望】チーム。


その後は順位が下がったせいか、ぼちぼち勝つ事もでき今シーズンは勝率約30%ほどで終了した。


決着がつくのが早いので試合数はダントツだったが勝率が悪い為ランキングに乗ることはなかった。


だがしかし観客に変化があった。


それは我らの戦いを観戦した人々がファンとなり毎回戦いを観戦しにきてくれている常連さんが多数できていたのだ。


会場へ着くと周囲会話で、





『がんばって!』


『応援してるよ!』


『ここが一番見てておもしろいわ』






と声をかけてくれる。


その中には初戦戦ったチームの他サーバの人までいたりした。


決して強くもなく順位も下の方なのに俺達の戦いを楽しみに見に来てくれる人達がいることが心強かった。


その観客の中の一人、【北斗七星】通称北斗、現在は大人の事情で改名を余儀なくさせられ七剣星に改名、とはここで初めて会うことになる。




そんな北斗と遠い未来、この信on人生を変えてしまう程の大喧嘩をしたのはまだまだ先の話。








北斗は観客席に来ると、





『飛びます!飛びます!いつもより多く飛んでおります林田崇です!』






というわけのわからないマクロを大声で垂れ流していた。


そのマクロがなぜかツボってしまい俺は爆笑。


お腹が痛くなるほど笑った。


どうやらこの北斗という男、リンダの知人らしく今回の話を聞き付け挑発しに来たらしい。




リンダ『お前かえれwww』




そんな声も響き渡る中、緊張感あふれる会場の空気は一気に和んだ。




(この北斗という男…いずれどこかで関わることになるだろう)




そんな直感がした。


こうして今シーズンは幕を閉じた。


マニアの中で我らがぷけらの野望は絶大なる人気を誇るようになった。





そして時は過ぎ…




シーズン2が始まる!


またしても我らぷけらの野望が上覧大会に帰ってきたのだっ!


このシーズンから上覧大会に【人気徒党ランキング】なるものが実装されていた。


それは各個人が試合を見学に行った際、おもしろかった、よかったという徒党に投票するというものだった。


だがこの時点ではそんなものにまったく興味はなかったが、このランキングこそが我らぷけらの野望にとってその後大きな話題を呼ぶ事になろうとはこの時点ではまだ誰も知らない…


そして俺達はまたいつもの会場4番に集まった。


足利の鯖、雑賀の林田、武田のギルドー、同じく武田の神武旭、上杉の父さん、北条のビジェイシンとおまけ達。


今回も我が天翔サーバが誇る武芸の強者達が揃い出場だ。


実は今回、前回での失敗を反省しある作戦があった。


それは【懐剣でGO!作戦】だ。


その内容は至ってシンプル。


今までは一刀流で殴っていたのだがどうしてもウエイトの関係上、攻撃呪霧などに先手を取られて負けてしまうパターンが多かったので今回はウエイトの短い懐剣一の太刀で開幕マッハ勝負をしようというものだった。


懐剣だとウエイト1で八箇必勝を繰り出すことができる。


だが開幕を耐えられてしまうと攻撃力の弱い懐剣ではその後悲惨な結末が待っていることなど言うまでもない。


果たしてこの作戦うまくいくのだろうか?


そしてアナウンスが鳴り会場入りをした。


半信半疑ではあったが一度試してみようという事で俺達は懐剣を懐へ忍ばせていた。


初戦の相手徒党は特に変わった所のない至って普通ぽい徒党。


観客席には初戦から数名の見学者がいた。


そして始まる俺達の戦いシーズン2!


ボンボンボンボンボン♪

バシューン!







バトル開始だっ!






【つづく】




↓ポチってね!
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第95話】悔しい敗北

『すげー!』


『かっこいい!』


『まっ参りましたー><』







会場中に歓声が響き渡った。


戦闘時間、およそ3分という異例の早さでデビュー戦を勝利した我らが【ぷけらの野望】チーム。


もしかしたら俺達は最強なんじゃないだろうか?


そんな事さえ思った。


しかし次戦、その考えは甘い考えだったという事を思い知らされることになる。


戦闘があまりにも早く終了した為しばし他のチームの戦いを見学することにした。


これと言ったネタもなく、どのチームもアタッカーは陰陽か鉄砲だらけで音響やランダム、見ていてもまったく面白みがなかった。


そうしている間に次戦のアナウンスがきた。


いよいよ二回戦だ。


会場に入ると今度は盾2の回復2のチーム。


少し厄介だなと思った。


だが開幕二人始末してしまえばこちらの勝ちだと勝算はあった。


会場の見学席にはいかにも相手チームの偵察隊らしき者が数名いた。


変身などをしてカモフラージュしてはいたが上覧の仕様上、見学席から相手チームの職や実装がバレバレで変身の意味がなかった。


この時点で俺達が武芸7であるという事がばれてしまう。


相手チームも少しでも敵の情報をと勝つのに必死だった。


そしていよいよ戦いが始まった!





ボンボンボンボンボン♪


バシューン!







初戦のように一刀流で八箇必勝を最速入力する俺達!


一つのバーを除き俺達のバーがズラリと並ぶ。




(フ・・・決まったな)




そう思った。


だがその考えは甘かったっ!


その許した一つのバーこそが我らの天敵技。




敵修験『ハアアアァ』




【攻撃呪霧・四】





相手チームの修験によるウエイト覚醒がされた攻撃呪霧が俺達の行動の前にきていたのだった…




『うぅっ』




なんとあろうことか全員相手薬師の攻撃呪霧を食らってしまったのだっ!


一の太刀が消えてしまうと威力は激減なのだ。


案の定、その後に並ぶ俺達のバーの中には長いバーはなかった。


そして一人も倒すことができず相手チームのターンとなる。


開幕勝負の我らにとって、こうなってしまうと後はグダグダだ。


盾も回復もない俺達はジリ貧。


じっくりと調理されていき一人、二人と倒れやがて旗を当てられてしまい敗北してしまった。


完敗だった…


しかし勝負の世界には勝ちもあれば負けもある。


気をとりなおして次戦に向かった。


次なる相手チームは珍しく神がいなそうな徒党だった。


その時はさほど気にも止めなかったがこれが俺達にとってまた波乱を呼ぶことになる。





ボンボンボンボンボン♪

バシューン!






戦闘開始だ!


最速で八箇必勝を入力する俺達。


しかし何やらいつもと様子が違う。




『ん?何かがおかしい!?』




その事に気がつくのにさほど時間はかからなかった…


それは右下の方に何やら見慣れないマークがついていたのだ。


恐る恐るそのマークをよく見てみるとそれは∞のような形をしたマークだった。


俺達開幕勝負のぷけらの野望にとって絶体絶命を意味するそのマーク。


そう!


能楽の技能、地勢【九死に一生】だったのだっ!


なんと今度の相手チームは神ではなくその代わりとして能楽だったのだ。


この【九死に一生】の前には太刀打ちできるすべもなく、またしても俺達は敗退した。




悔しいっ!




さらに次戦も負け、その次にはまたこの能楽徒党とかち合う悲惨な運命。


試しに開幕一人が地勢看破をしてみたが効果がなかった。


結果はもちろん負けである。


九死に一生を地勢看破できない仕様に納得いかない俺達はサポートに文句を言いまくった。


気がつけば初戦こそ勝利したものの後の試合はすべて敗北という結果に終わっていた…



(やはり武芸7では駄目なのか・・・)



そんな気持ちもあったが俺達は諦めないっ!



【つづく】




ポチってね!↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第94話】圧勝劇

バシューン!


デデデデデデッデ♪





戦闘開始だっ!


皆素早く入力をする!




キュイーン♪


『りんぴょーとーしゃーかいじんれつざいぜん』





相手の薬師が開幕から完全回復を準備をした。




『はぁぁぁぁ!』




その直後、相手の盾鍛冶屋が【鎧の極み・改】をして守りを固める。


だが相手チームのその行動は普段の戦いではよいのかもしれないが我ら【ぷけらの野望七英雄】の前ではそんな行動は無駄だということに気がつくのはそのほんの数十秒後だった。


その後、俺達七英雄のバーがズラリと並ぶ。


山吹サーバを代表するスーパー武芸の一之太刀極意がついた八箇必勝が7つ飛んでくるのだっ!


想像しただけでも恐ろしく感じることだろう。


そしてその流れてくる我らのバーの中にはあきらかに長いバーも交っているっ!


それを意味するものは一つしかない。







『いくぜーっ!』


『おらー!』


『はあー!』


『たぁー!』







俺達の渾身の叫び声がこだまするっ!



相手鍛冶『これまでかっ』



一之太刀極意のついた俺達の拳の前では鎧の極み・改などただの空気でしかなかったのだ。


相手鍛冶屋はそんな俺達の猛攻に耐えられるはずもなく一瞬にしてリングに沈んだ。


今日の勝負は並じゃないぜ!


一瞬にして盾を失ってしまった相手チームは動揺していた。


盾のいない徒党などもはや武芸である俺達の敵ではないっ!


焦った相手チームは詠唱を送り急いで蘇生をしようとしていたが時すでに遅し。


一之太刀が消えてはいたがもうそんなことは関係ない。


第二波の八箇必勝が盾のいなくなった相手に容赦なく襲いかかるっ!


その光景はまさに狩り。


サバンナでの弱肉強食の世界。


これこそがサバンナチャンスなのだっ!



t02200311_0630089111146090787.jpg



それから先は想像通り。


俺達の前には【勝利】という栄光の二文字が刻まれていたのであった!







だがこの先辛い戦いが俺達を待ち受けることとなる…





【つづく】







【おまけ】




熱き戦いの大野合戦が終了しました。

今回はメインキャラは織田に移籍したためほぼ動かしていない忍者でひたすら露払いや旗振りをやってましたがたまにはこうやって裏方に回る戦いもおもしろいもんだなーと思いました。

そして今週からはいよいよ新天地でのメインキャラでの合戦参戦!

さばさばの実の能力者の力を見せてやるっ!

よそ者のアウェイ感が心配でしたがなぜか朝倉戦で織田の人達とすでにフレンドリーになれたというw

想像していたよりぜんぜん雰囲気もよくみんないい人ばかりで移籍してよかったなと素直に思いました。



さて、ということでボロの衣忍者様ですがなぜか露払いしかやってないのに手柄が19000オーバー!

でも馬を1000匹くらい殺した気もするけどwww


Nol15102100.jpg


その後はしばし雑談。


Nol15102101.jpg



こうして露払いの一週間は幕を閉じたのであった。



そんなレベル47の忍者がただひたすら露払いをする動画↓よかったら見てね!






今週から新天地での初合戦の為、更新をお休みする日が多くなるかもしれませんがご了承ください。
ちなみに本日は有給!開幕から出れるZ!

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

【第93話】ぷけらの野望始動

こうして山吹サーバで有名どころの武芸が集まり結成された我らがチーム【ぷけらの野望】が誕生した。


これが後に全国1億人の対人不遇の武芸侍達に愛と勇気と希望を与えることになろうとはこの時はまだ誰も知らない。


そして登録を済ませ、いよいよ大会の日がやってきた。


ざわめく会場。


高鳴る興奮を押さえながら俺達は四番の会場へと向かった。


そして作戦会議。


その作戦は至って単純である。


それは余分な事は一切せず、一の太刀極意を実装して皆一刀流で開幕からひたすら八箇必勝で殴れ!という作戦だった。


駆け引きも何もないただの特攻作戦だがこの頃の武芸にはそれしか方法は残されていなかったのだ。


単体武芸ではただのカモだがそれが集まり7人集まった時、そこには世にも恐ろしい光景が浮かぶ。


しかしこの作戦がうまくいくのかどうかはわからない。


近接攻撃での対人戦はあまりにも障害が多すぎるのだっ!


だが俺達は諦めない!


俺達はこの武芸という特化で必ず勝利してみせると誓い合った。


その7人の勇者とも言える武芸達を後に人々はロマサガ2風にこう呼ぶことになる…


そう!


七英雄と!!



smil.jpg



そしてアナウンスが流れいよいよ戦いの時は訪れる。


会場へ行くと対戦相手は特徴のないいかにも普通な構成な徒党だった。


俺達は相手に武芸7だとわからなくさせる為に変身したりしてカモフラージュをしたりした。


そこで戦いが始まるまでの最後の作戦タイム。


このわずか数分が異様に長く感じた。


やがてその時は訪れるっ!





ボンボンボンボンボン♪


バシューン!







戦闘開始だっ!






【つづく】









【おまけ】




先日47レベル忍者で露払いをしている時に敵修験さんに叩かれた時の出来事。




敵修験『ハアアアアアアアア』


【天狗法力】





技の効果はなかった






敵修験『ぐぬぬ…もう一回!ハアアアアアアアアア』


【天狗法力】





技の効果はなかった






敵修験【逃亡準備】




敵修験は俺様の47忍者に恐れをなして逃げていった。








天狗法力の効果とは?



敵PCについている付与値を逆転させる…

付与値を逆転させる…

逆転させる…









俺の忍者、ボロの衣に新参者はちまきで付与まったくしていませんからぁぁぁぁ!

ざんねーーーん!!

fc2blog_2013061523023685a.jpg

生命1300斬りっ

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
カウンター
PANPIECE 予告編動画
【小谷城合戦 MAD】


【帰参者編主題歌ウィーキャン】

プロフィール

さば×3

Author:さば×3

信長の野望online天翔記出身、現雑賀衆さば×3のてきとー小説ブログです。
遊びにマジメ、仕事はてきとーです!

2015年6月24日より連載開始。

初見の方はカテゴリより【第0話】から読まれる事をおすすめします。

~お願いと注意事項~

・コメントを残す場合は匿名でのコメントは禁止とさせていただきます。匿名でのコメントの場合、状況によりアクセス禁止措置やIPアドレスを公表する可能性があります。
(誰かわかるようなハンドルネームならok。誰かわからない匿名のハンドルネームはNG。ただし管理人が了承するコメントの場合は匿名でもokとします。)

・あまり深く考えず、ネタとしてご覧ください。

・更新は不定期で行いますのでご了承ください。

・拍手からのコメントは不具合により反映されませんのでコメントをする場合は通常コメント覧よりお願いします。

・本作品は基本的にノンフィクションではありますがフィクションもまじっております。

・登場する人物は一部仮名で表現しております。

・本編中にリンクする自作動画はすべて趣味の範囲で作成しており、広告収入なのは一切頂いておりませんのでどうぞ暖かく見守ってやってください。

・当ブログは荒らし等が発生した場合、急遽閉鎖する場合があります。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
著作権に関わる表記
・「『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」または、「(C)2003-2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.」
・「このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR