今期目標達成!浅井家の滅亡

言われた通り勝手にしました。





Nol16102901 - コピー



はい皆様おはようおやすみこんにちはこんばんは。


この記事を書ける日をずっとずっと待ち望んでいました。


本日の昼陣を持ちまして、今期の目標であった浅井家の滅亡が確定!


当初、大口を叩いたけれど正直滅亡までは無理かなーって思ってたけどみんなの頑張りで一致団結でき、ここまでこれたのだと思います。


でも意外だったのがこんなにも早く目標を達成できてしまったこと。


どこの国も同じですが負け始めると合戦参戦者は少なくなります。


どの国も同じなんです。


なんですが、その中でも浅井家は最初から諦めていて無駄な戦いをしたくないのか特に合戦参戦者が少なかった印象でした。


勝ってる時はあんなにたくさん参戦してて徹底してボコられてたのにネー。


でもそんな超劣勢で参戦者が激減の中でも頑張っていた浅井家の方はいらっしゃいました。


敵対国の方なので名前は出しませんが黄色い忍者の方や3アカで兵種を駆使して戦っている方など敵対国ながら天晴れ!


勝ってる時だけハッスルしてるんじゃなくて、こんな状況でも頑張っているこんな人達が浅井家の底力の源だったんじゃないかなーって素直に思いました。





まだ二日消化試合が残っていますが敵、味方、共に参加された皆さん本当にお疲れ様でした!


そしてありがとうございました!


Nol16103003.jpg



浅井家の滅亡という兼ねてからの目標が達成でき、まるでひとつのゲームをクリアしたような感覚がします。


ゲームクリアしても信onはまだまだやめないけどねw




こうして浅井家滅亡という目標が達成できた事でこれで伊達家にいる理由もなくなりこれにてこの伊達家とはお別れを・・・





Nol16102913.jpg



























するはずもなく!



だって合戦楽しいし居心地いいんですもんw


伊達家の皆さん、これからも宜しくお願いします。






そして今後の国勢はぶっちゃけあまり興味はなく、どうなるかもわかりませんが伊達家の方針に身を委ねていこうと思います。








最後にひとつ提案。


あくまで個人的に少し思いついただけの提案で実際に実現できるかはわからないけどこれを機にイベントとして伊達家でひとつ合戦一門を作成してみたらどうかと。


自分もだけど皆それぞれ各一門に入っているとは思います。


しかし今現状、複アカが多いのでその中で1キャラだけその一門にみんなで集まれたらいいなーと思いました。


私設会話の伊達会議でたまに何でもない雑談してる時もあるけどそれとは違ってちゃんとした一門という形を作りたい。


利点としては、勢力内で喧嘩になりやすい評定の隊列問題の解消や合戦以外でも交流が持てること、一致団結でき更に盛り上がれるかなと。


もちろん一門筆頭は誰もが認める勢力筆頭のツナさんで!


入門条件はメインが伊達家であること、出入り自由、複アカが多いと思うので基本挨拶とかはなしでokとかにしたりして。


今現状、合戦がないと特に交流もなく皆バラバラで寂しい気がするのでみんなで集まれたらなーと思いました。


あくまで妄想だけどできたらいいなーって思いました。


よかったら是非検討ください!








と、いうことで浅井家滅亡という大きな目標達成、本当にお見事でした!





小谷城合戦MAD↓








↓よかったらポチお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村文字色
スポンサーサイト

浅井家討伐戦 ~最終章~ 浅井家が地図から消える日

只今帰宅!


はい皆さんおはようおやすみこんにちはこんばんは。


いよいよ始まりました浅井家討伐戦~最終章~。


気持ちは開幕からフル参戦したいところですがリアルが一番大事なのでそうもいかず。


指をくわえて公式を眺めておりました。


そして公式をみるとなんと第1陣から圧倒的!お見事です。


bandicam 2016-10-26 18-32-21-409


こんな合戦だったら普段ならまず参戦しませんが今回は普段とは違うんです!


そう!


今回はついにあの浅井家滅亡戦なんですYO!!


手加減する気なんてまったくなし。


相手がいくら放棄しようが出れる範囲内でとことんやってやろうと思います。


恐らくこの週で滅亡させることができなかったら浅井家滅亡は不可能でしょう。


そしてもし今回大勝できれば憎き浅井家は今期地図から消えることになります。


しかしまだ戦は始まったばかり。


今週一週間浅井家滅亡を目指しがんばろー!







そしていろんな噂を耳にしましたがはっきり言っておこうと思います。


浅井家滅亡後や、武田や今川との決着がついた後、安藤連合率いる第3極や徳川家、真田家含む第4極に伊達が攻めてくるという噂が広まっておりますが、相手側から侵攻の意思があったりちょっかいを出してこない限り、伊達家からそれらに侵攻することはありません。



これらは伊達家会議で正式に決まっております。



伊達家からすれば合戦続きで正直しばらく合戦お腹いっぱい。もうしばらく合戦なしでいいという見解です。


もちろん自分も浅井家さえ滅亡させれれば満足なのでその後スイスだろうがぜんぜんok。


伊達家が攻めてくるので停戦して対伊達に備えるとかいろいろ噂を聞きましたがそんなことはありません。
(※ただし相手側から攻めてきた場合、その後は徹底抗戦)


と、いうことでここからは個人的な意見となりますが、攻め込んだりちょっかい出したりは一切しないので3極と4極は停戦などせずとことんやりあってほしいと思います。


そして勝った方とで天下分け目の決戦で戦ったらいいんじゃないかなって思います。


いや違う、伊達家と戦いたいんだ!という話ならまた別の話ですけどね。






そして一言物申す。


停戦とか場合によっては作戦としていいかもしれないけど滅亡したくないから停戦!とかはっきり言ってクソダッサい。


もし自分がそんな国に所属してたら即移籍する。


そんな国に今後人が集まるはずがない。


やるだけやって滅亡した方がぜんぜんいい。


まぁ他国のことなんでどうでもいいんだけど。


なんだか情けなくて一言物申しました。








と、いうことで小谷城合戦、大勝目指してがんばろう!





↓よかったらポチお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

浅井家討伐戦 いよいよ最終章へ!?

はい皆様おはようおやすみこんにちはこんばんは。


今週の侵攻戦の勝利が確定し、連続進軍によりいよいよ水曜日から今期の目標であった浅井家滅亡をかけた戦いが始まります。


いろいろあり侵攻戦は序盤しか参戦しなかったですが侵攻戦に参加された方々、本当にお疲れ様でした。


見事な勝利です。ありがとうございました。


シーズン始まる前は浅井家滅亡なんて無理だろって声も多く、お前らなんかに滅亡させられるとは思わんけどななどと言われたり、そして自分自身でも正直滅亡までは厳しいだろうなと思っていた部分もあったけど意外と早くここまでくることができました。





しかしここまで追い詰めることができましたが、現在はまだ本城を攻めれる状況になっただけにすぎません。


強国浅井家のことなのでまだどうなるかわかりません。


思えばここ数年、浅井家には今まで散々いいようにやられてきて楽な戦いばかりさせてきました。


やっとその仕返しができる時がきたのです。

かえし倍10



水曜日からの小谷城合戦、今までの恨み10倍返しで浅井家滅亡を目指して頑張りましょう!


そして来週浅井家滅亡をさせれたと仮定した話ですが、これは伊達家の方針ではなく個人的に思っていることですが正直浅井家さえ滅亡させれればそれで満足なんです。


その後武田や今川を滅亡させたいとか、3極4極とかと戦いたいとか、天下を取りたいなどという気持ちはまったくなく後はシーズン終了までスイスでもいいし武田や今川と適当に合戦やってればいいかなって思ってます。


でもこれらはあくまでも個人的な感想であり伊達家の方針が今後どうなるかはわからないので方針には納得できれば従おうとは思っています。


そして本日は有給を一週間間違えて取ってしまいお休み。


来週有給取ればよかった。。。w








いろいろありましたが浅井家討伐戦もいよいよ最終章。がんばりましょう!
↓よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

今後一切侵攻戦には出ない。

ただテンションが上がらないって言っただけでそれがネガ発言なのか。


勝ってようが負けてようが今後一切二度と侵攻戦には出ないし協力もしない。


でも浅井滅亡戦は出れる範囲で出ますよ。


それが俺の今期の目標ですから。

PANPIECE OF THE MOVIE ~伊達家への移籍~

『おとといきやがれ!』

テレレッテッテッテーレーレー♪






現在俺は伊達家の第一線に立って合戦に参戦している。


しかしそんな伊達家に所属するまでに数々のドラマがあった。


本日はなぜ俺が伊達家に所属しているのかを振り返ってみようと思う。








PANPIECE OF THE MOVIE ~伊達家への移籍~








当時、俺は雑賀衆所属だった。


正確には初期国は足利家な訳だがその経緯についてはPANPIECE本編に記載されているので省略しよう。



カテゴリ本編第0話から是非!



雑賀衆といえば過疎国。


合戦ではいつも厳しい戦いを余儀なくされていたがそれでも仲間と共に戦い、時には大国に一矢報いた時もあったりもした。


決して強くない雑賀衆だったけどあの住み慣れた町並み、そして共に合戦で成長していく仲間達に囲まれ何も不満はなかった。


そんな日々が続き、前々期のことだった。


浅井家率いる連合軍にいいようにやられ、ズタボロの雑賀衆はギリギリで滅亡を防いだ。


正式にはわざと滅亡させられず、浅井家によって生殺しにさせられていたのだ。


屈辱だ。


そんな中、天下分け目の決戦が行われた。


雑賀衆は武田家側につくことになった。


武田家の人達と協力しあい、それなりに盛り上がった楽しい天下分け目の決戦だった。


そして天下分け目の決戦も終わり、新しい新時代がやってきた。


この時期に伊達家実装である。


当時はこの先に伊達家に所属するなんてこれっぽっちも思っていなかった。


国勢がリセットされ、新しい国勢に向け各国が動き出す。


しかし伊達家が実装される前から伊達家の絵巻を狙うために伊達家脅威論を唱え、早々に伊達家包囲網を敷こうと動いていたのは浅井家だった。


我が雑賀衆は連合とか関係なく、天下分け目で一緒になった武田家と同盟を結びたいという結論になった。


これには俺も賛成だ。


だがこの選択がその後の雑賀衆の運命を一変させてしまう選択になろうとは・・・


早速武田家にコンタクトを取り、これが承諾された。


新しい同盟が決まり、皆の士気は高まる。


敵対はどこになるのか?


武田家とうまくやっていけるのか?


そんな期待をよそに新国勢がスタートした。







…かに見えた。








いざ新国勢が始まってみると等の武田家はスイス。


正確には伊達家を攻める上杉をサポートする為にフリーの状態で常にいた。


そんな新国勢は武田家は同盟である上杉家と、その上杉家の同盟の浅井家が新国の伊達家の絵巻を埋めようと必死に攻めていただけの糞みたいな国勢だった。


そんな中、雑賀衆の勢力会話でログが流れる。




『現在友好国の上杉家が伊達家と合戦を行っております。できたら浪人出奔援軍などでサポートしてください。』





(は?何言ってんだこいつ?)




そう思った。


確かに武田家と上杉家は同盟を結んでいたが、我が雑賀衆は上杉家は関係ない。


いつから勝手に上杉家が友好国になったんだと。


腹が立ったので俺は勢力会話で問いかけた。



『いつから上杉が友好国に決まったの?そんな話まったく聞いてないけど。しかも関係ない上杉の為に浪人になって援軍に行けってなんなの?』




少しキレぎみに問いかけてみたらどうやら雑賀衆は知らない間に勝手に浅井連合の仲間入りをしていた。


確かに武田家との同盟は賛成したがそれイコール連合入りだなんて話は今までまったく出てきてなかった。


こんなことに納得できない俺はこの雑賀衆の国勢に意義あり!を申し立てた。


その当時実際の記事がコチラ。↓




雑賀衆の国勢方針に異議あり!




コメント覧にも注目。


本物か偽者かはわからないが、あのコメントが俺の浅井嫌いを加速させた原因でもある。






こうして浅井連合入り反対の俺は意義を申し立て、今後の雑賀衆の運命を握る臨時会議が行われることになった。


その当時の記事が↓




新シーズン突入!さらば雑賀郷!?



さらば雑賀郷!織田への移籍




記事のご覧の通り、三本足一門に票をまとめられ多数決で連合抜けは否決されて雑賀衆の民意は争いのない平和な世の中で安泰を求め連合入りすることで可決した。


そんなヘタレな答えを出した雑賀衆に対して未練はなくなり俺は移籍を決意した。


とは言っても特に行きたい国があるわけでもない。


そんな中、織田家に来ない?とオファーを頂いたので行くあてもない俺は織田家へと移籍し、その身を委ねた。


織田家では常に合戦が起こっていてスイスまっしぐらな雑賀衆とは真逆だった。


織田家では新参者ではあったが俺のことを知っていてくれる人もたくさんいてそれなりに合戦を楽しんでいた。




でも何かが違う・・・




何かが。




なぜか織田家の合戦の空気が俺とは合わなく、次第に合戦に行く事もなくなっていった。


やがて織田家は浅井連合軍によって滅亡させられ浅井家の従属となった。


浅井家の従属になんてなる気はさらさらない俺は客将制度を使用して圧倒的不利な状況ではあったものの連合軍と真正面から戦っていた伊達家へと客将移籍した。


そこにはかつて雑賀衆で共に戦っていたまるぼろ氏の姿があったりもした。


彼もまた俺と同じく雑賀衆の方針に納得できず移籍したようだった。


そしてそんな中、厳しい戦いではあったものの伊達家の合戦は活気がすごくそして居心地がいい。


客将の身でありながら次第にその空気に溶け込んでいった。


連合軍の前では常に劣勢ではあったが合戦は毎回盛り上がっていた。


そして連合軍は伊達家に滅亡戦を仕掛けれる状況だったにも関わらずそれをせずシーズンが終了した。


またしてもナメプである。


そして天下分け目の決戦が行われた。


しかしこの陣営割り振りがひどい有様だった。


俺がエスパーなのかどうかわからないが始まる前から結果がわかってしまっていた。


いわゆる談合天下でかつてないほどのつまらない天下分け目の決戦だった。


結果はわかりきっていた通り武田家の圧勝。


もちろん勝つであろう方に浅井家がついていた。


このような積み重ねが浅井嫌いの思いが加速しどんどんと大きくなっていく。


武田家の天下統一を持ってまた1シーズンが終わった。


シーズンが終わったあと、伊達家の合戦で活躍していた各部門のMVPを決めるDAT48のイベントで武将撃破部門MVPという名誉ある賞を頂いた。



伊達にゃんの野望 DAT48総選挙発表



ここで移籍期間が始まるので客将だった身から一度織田家に戻ってすぐに伊達家へ本格移籍。


雑賀衆へ戻るという選択肢もなかったわけではなかったのだが雑賀衆に戻らなかった理由は大きく分けて3つあった。


まずひとつは↑の方の記事のコメントにあったとおり、三本足一門のサービス精神旺盛な人に言われた言葉を思い出し戻る気がなくなった事、伊達家が気が付いたらすごく居心地がよくて自分に合っているなと感じたこと。


そして何よりも俺の目標と伊達家の方針が一致しているということ。



来期の目標は浅井家を滅亡させること。




これにより伊達家本格移籍に決まった。


今の雑賀衆は好きじゃない。


正直一門のみんなには申し訳ないがこの先俺が雑賀衆へ戻ることはもうないだろう。


もし他国所属が迷惑なら抜けてもいいとさえ思っている。


あの時の三本足一門の票で固めた目先の安泰を選んだ決断が雑賀衆の戦力流出に繋がり、そして今のこの雑賀衆の弱体をあらわしているのだと思う。


もし、あの日あの時あの場所で雑賀衆の民意が連合を抜けるとなっていたとしたら俺が伊達家に所属することはきっとなかった。


しかしこうなったのもきっと運命だったのだろう。


そう。


これはきっと浅井家を滅亡させてこいという運命に違いない。






多少記憶に曖昧な部分があり、くいちがい等あるかもしれませんが物語としてご覧ください。
↓よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

塩津合戦終了。オール大勝お見事でした!

はい皆様おはようおやすみこんにちはこんばんは。


今週行われている塩津合戦ですが先日の夕方陣を持って大勝が確定しました!


しかも今回は総戦果で大勝はもちろんのこと、すべての陣でオール大勝という圧勝劇。


まだ本日夜陣が残ってはいますが恐らくそれも大勝でしょう。


bandicam 2016-10-11 18-58-16-570



今週は三連休もあったせいか、いつもより少し多めに参戦できたり、後陣、四天王をポコポコ落とし、そして軍師も落とすことができたりして手柄がいつもより少し多く稼ぐことができました。


wmplayer 2016-10-11 19-10-31-438


ちなみに軍師落とした後、大名も落としてきてほしいと言われましたが、ひとつだけ断言しておくと今の自分では物理大名5体以上は無理っ!


もう戦おうって気力も起きませんw


詳しくはこの動画で↓






この大勝によりあのつまらない侵攻戦をせずとも中核をひとつゲット。


あの前期、前々期にいいようにやられてきた憎き浅井家をフルボッコにできて少し恨みが晴らせた気がします。


それは伊達家に移籍してよかったなーと思った瞬間でもありました。


参加された皆さん本当にお疲れ様でした。そしてお見事でした。


某おでん隊長も言っていたけど、もしあのまま雑賀に残っていたら自分もここまで合戦熱は上がらなかっただろうしモチベーションも保ててなかっただろうと思います。


前期客将でなんとなくやってきた伊達家ですが打倒浅井家を掲げ、今では馴染みやすいあの空気にドップリとはまっています。


そう思うとここまで合戦熱、信onに対してのモチベーションが保てるのも浅井家という国のおかげかもしれないです。


浅井家にはここまで嫌いにさせてくれて本当にありがとうと言いたい。




今回は大勝を取ることができましたがまだまだ戦いは続いていきます。


強国浅井家のことですからどこで息を吹き返してくるかわからないので今後も油断せずがんばっていきまっしょい!







今期目標達成まであと中核1つと本城!









ちなみに今日の夜陣はドロンして録画してあった世にも奇妙な物語でも見てまったりと過ごしますw
↓よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

浅井家討伐戦 第二章 塩津合戦

はい皆様おはようおやすみこんにちはこんばんは。


今週は浅井家討伐戦 第二章 塩津合戦が開催されております。


Nol16100600.jpg



以前にも書きましたが、自分の個人的今期の目標は浅井家を滅亡させること。


来期の目標は浅井家を滅亡させること。


正直天下とか武田とか今川とかはあまり興味ないです。


今回もし大勝を取ることができたらあのつまらない侵攻戦をせず中核をひとつ落とすことができます。


と、いうことで出れる範囲で全力参戦。


しかし今まで散々いいようにやられてきた強国浅井家なので一筋縄ではいかないだろうなと思ってました。


が、いざ開戦してみると拍子抜け。


以前偉そうなことを言っていた方もいましたが勝負が見えている無駄な戦いはしないということなのでしょうか。


負け戦でもがんばっているPCの方もいらっしゃいますがあきらかに勝ち戦の時と違って参加者が少ない。


まぁでもそんな相手の都合なんて知ったこっちゃないので遠慮なくフルボッコにさせて頂きます。


以前かなり苦戦した浅井家の軍師、浅井久政も今回は能楽もなしの普通構成で挑み、そう苦戦せずすんなりと落とすことができました。三点派うざすぎだけどw


wmplayer 2016-10-09 09-00-05-002


あとは本陣5付きをしてみたり、天翔足利時代からの腐れ縁のペッ(ぺし)の薬師を家老にさせるという約束を果たしたりしました。


と、いうことで今週は大勝ペースできてます。


この調子で浅井家を滅亡まで追い込んでやりましょう!








あと武士道なんですが、元々軍学併用のガチ回避装備ではない自分にとっては今回の修正で武士道がかなり強化された気がしました。


正直合戦に限っては軍学よりぜんぜん武士道の方が使い勝手がよくて優秀だなと感じています。


流派の再行動・弐を設定しておくと釣りながらいろんなことができるのでマジでおすすめ。


結界枚数も増えてるので割れにくいしね。


今回の修正は騒がれてはいますが個人的にはGJ!






↓よかったらポチお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Twitterを始めてみた。

はい皆様おはようおやすみこんにちはこんばんは。


おはようからおやすみまで暮らしを見つめるさばさばです。


早速ですが本題の通り!


ちまたでヤングの中でナウいと言われているTwitterを始めてみました。


前からクリスさんとかに誘われてはいたんだけどぶっちゃけメンドクセ('A`)って思って放置してたんですが、たまたま我が伊達家の海堂さんのTwitterをみつけ、読んでいたら先日家老試験を突破したというやり取りが!


自分はアカウントがないのでおめでとうが言えなくてぐぬぬぬぬぬ!!!!


おのーれおのれガッチャマン!


ベルク


と、いう訳でちょっと調べてみたところ、無料らしいしアカウントを作成してみることに。


他の人達のツイッターを見ていると、フォローだったりフォロワーだったりリツイートだったり#nobuonだったりわけわかめな専門用語が飛び交っています。


ほんとにツイッター初心者なので自分はなんのことはちんぷんかんぷん。


そしてアカウントを作成し、少しネットで調べるとどうやらフォローは友達になってね!みたいな感じでフォロワーは相手がいいよ!って言ってくれた感じなのかな?


よくわかんないけどとりあえず知ってそうな名前の人を見つけたらかたっぱしからフォローしまくってましたw


一言言ったほうがいいとも思ったけどメッセージを送るやり方もわかるはずもなく無言フォローすみませんw


そうしたらそのうち知らんけど。さんから初メッセージが!


安心してください。本物ですよ!


いろいろとツイッターの仕組みを知らんけど。さんに丁寧に教えてもらって基本的なことがわかりました感謝感謝。


実は知らんけど。さんと直接絡むのはこれが始めてだったりします。


そんなこんなで今後Twitterの方もよろしくおねがいします。フォロー大歓迎です。


ちなみに仕事が休みの日はほとんどTwitterはいじらないと思いますのでご了承を。









あとPANPIECE本編の方ですが、合戦が一段落したらまたいずれ再会しますのでよろしくお願いします。
↓よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
カウンター
PANPIECE 予告編動画
【小谷城合戦 MAD】


【帰参者編主題歌ウィーキャン】

プロフィール

さば×3

Author:さば×3

信長の野望online天翔記出身、現雑賀衆さば×3のてきとー小説ブログです。
遊びにマジメ、仕事はてきとーです!

2015年6月24日より連載開始。

初見の方はカテゴリより【第0話】から読まれる事をおすすめします。

~お願いと注意事項~

・コメントを残す場合は匿名でのコメントは禁止とさせていただきます。匿名でのコメントの場合、状況によりアクセス禁止措置やIPアドレスを公表する可能性があります。
(誰かわかるようなハンドルネームならok。誰かわからない匿名のハンドルネームはNG。ただし管理人が了承するコメントの場合は匿名でもokとします。)

・あまり深く考えず、ネタとしてご覧ください。

・更新は不定期で行いますのでご了承ください。

・拍手からのコメントは不具合により反映されませんのでコメントをする場合は通常コメント覧よりお願いします。

・本作品は基本的にノンフィクションではありますがフィクションもまじっております。

・登場する人物は一部仮名で表現しております。

・本編中にリンクする自作動画はすべて趣味の範囲で作成しており、広告収入なのは一切頂いておりませんのでどうぞ暖かく見守ってやってください。

・当ブログは荒らし等が発生した場合、急遽閉鎖する場合があります。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
著作権に関わる表記
・「『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」または、「(C)2003-2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.」
・「このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。」
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR